Finance Group

OSD Finance Groupは、金融のプロフェッショナルであるファイナンシャル・プランナー(FP)やプライベートバンカー(PB)の育成・教育を行っています。
FPやPBなどのファイナンシャル・アドバイザーは金融先進国である米国では医師や弁護士と同じように人々の暮らしの中で必要不可欠な存在として数多くの方々に認知されています。また、近年では日本でも着々とFP/PBの存在は評価されるようになってきております。

現在、日本の大手金融機関は販売推進があり、本質的にお客様のニーズに合った商品を提案することが難しいのが現状です。
独立系のFP・PBは大手金融機関に属しているわけではないので、『事実上のノルマ』や『販売目標』というものが御座いません。
あくまでもアドバイザーとしての立ち位置の為、従来の営業職と違い、お客様のニーズに即したアドバイスが可能になります。

私たちは、本質的にお客様のニーズを解決できるファイナンシャル・アドバイザーを育成できるよう常日頃から心がけております。
元来の企業と顧客の付き合いではなく、
OSD Finance Group」「ファイナンシャル・アドバイザー」「お客様」三者ともに良きパートナーとして関わっていきたいと思っております。

 

 

Financial Planner

ファイナンシャル・プランナー≪Financial Planner≫とは

「ファイナンシャル・プランナー(FP)」 とは、顧客の収入や支出、資産、負債などに関するあらゆるデータを集め、顧客の目標や希望を把握し、必要に応じて税理士や弁護士等他の専門家の協力を得ながら、貯蓄計画、保険、投資対策、税金対策などの包括的なライフプランを立案し、それを実行・援助する専門家です。

一言であらわすと「お金に関する専門家」です。お客様の将来の目標を実現するために、お金の面からサポートするプランナーです。ファイナンシャル・プランナーは、
お客様の人生設計や一生にわたるお金のやりくりを綿密に設計できる知識・能力が求められます。より知識・能力を培う為、FPには認定された資格制度があります。

ファイナンシャル・プランナーも選ぶ時代

ファイナンシャル・プランニングの対象は、投資、保険、不動産など広範囲におよぶため、そのすべての分野に精通したファイナンシャル・プランナーは少なく、分野に偏ってしまうFPも多く見受けれれます。その為、広範囲に精通したFPを選択することが大切です。
また、ファイナンシャル・プランナーには、さまざまな形態があります。大きく分けると『企業系FP』『独立系FP』『専門家FP』の3種類に分類できます。

[企業系FP]
銀行員でFP資格を取得した窓口担当者や保険会社でFP資格を取得した募集人等。
[独立系FP]
FP事務所を開業しているFP業務の専従者や乗合保険代理店に所属するFP資格取得者等。
[専門家FP]
社会保険労務士でFP資格を取得した社会保険のプロや税理士でFP資格を取得した税務会計のプロ等。

Private Banker

プライベート・バンカー≪Private Banker≫とは

プライベート・バンカー(PB)とは、企業オーナーを中心とする顧客の事業・資産承継や相続を支援するために、包括的な金融サービスを提案、実行支援するプロフェッショナルのことです。
 近年、銀行・証券などの金融機関においては、顧客の事業と資産の両面を踏まえたウェルスマネジメントのニーズが高まっており、顧客に対してコンサルティングやアドバイスを提供する専門性の高い人材(プライベートバンカー)を育成するプログラムの必要性が益々高まっています。

FPとPBの違い

FPは主に一般の家計を対象にパーソナルな金融知識の習得を目的としているとされるのに対し、PBは企業オーナーを顧客の中心としており、いわばファミリービジネスを対象とした教育プログラムです。企業オーナーのニーズは事業と家族の両面があり、内容も多岐にわたるため、これらに包括的に目配りしたアドバイスで総合的な問題解決を目指すものであり、全体最適を求めることになります。

Global Asset Planner

グローバル・アセット・プランナー≪Global Asset Planner≫とは

グローバル・アセット・プランナー(GAP)とは、お客様の海外資産運用などをサポートするアフターフォロー専門とするファイナンシャル・アドバイザーです。
 近年、日本国内だけでなく海外への資産形成の関心が高まってきました。海外の資産運用は日本の資産運用とは違い、資産の管理や手続きが複雑となっております。日本国内だけでなく、グローバルの視点からアドバイスや資産管理のサポートをするのがGAPの役割となっております。

TOP
PAGE TOP